himawaritotane7's diary

日々思ったことを・・。

ハッピーエンド「夏なんです」

f:id:himawaritotane7:20200507010157j:plain

 





先日、「ハッピーエンド」の「夏なんです」という曲を初めて聴いた。

いや、凄いです。

「ハッピーエンド」は、日本のレジェンドなバンドであり、当然名前は知ってて、曲も「風をあつめて」「さよならアメリカ さよならニッポン」とか何曲か聴いたことはあったんですが、あまり突っ込んで聴いてはいませんでした。ま~時代もあったし、若かったし、正直、魅力をそれほどわかってなかったんでしょうね(笑)。

夏をテーマにした曲はいっぱいあって、それこそ、「サザンオールスターズ」や「TUBE」とか、有名なアーティストもいっぱいいたわけですが、この曲を聴いたら、いままでで一番しっくりしました。正直イマイチ、ずっと「夏」のヒット曲になじめてなくて、楽しめてない自分を自覚はしてたんですよね(笑)。

10代の頃の自分には、エネルギーがあるというか、この曲のような部分に共鳴する自分に時間を割けない、という感じで頑張ってたんだと思います(苦笑)。

先日の「進化論」の話で、「記憶する力」「記録する力」みたいなことを書きましたが、この曲は本当の心象風景を呼び起こさせてくれます。

「音楽は、時に、どんな記録よりも強烈に記憶を呼び戻す」
「音楽は、時に、心の中に感情と風景を強烈に作り出す」

そんな風に思いました。

詩も曲もアレンジもホント素晴らしいです。この曲を書いた作者、メンバー、制作にたずさわったスタッフ、全ての人に敬意です。いや、だってこれ、曲から先にできて詩を付けたと思うんですけど、こんな曲、普通ならわけわからなくて、完成品まで仕上げませんもん(笑)。

年代的なものもありますが、秀逸の曲と詩だと思います。



「夏なんです」by はっぴいえんど(1971年)

youtu.be